1. HOME
  2. イベント
  3. 青山クリエイティブサロン
  4. 最新研究発表:青山ビジネススクール・宮副謙司教授|自己紹介から振り返る自分のキャリア – 西武百貨店の話、コンサルティングファームの話

最新研究発表:青山ビジネススクール・宮副謙司教授|自己紹介から振り返る自分のキャリア – 西武百貨店の話、コンサルティングファームの話

青山クリエイティブサロン:最新研究発表に青山ビジネススクール・宮副謙司教授が登壇します。これまでほとんど講義の中では話されていなかったご自身のキャリアにおける苦労話、得意話、プロフェッショナルということ、マーケティングセンスの磨き方、海外生活を振り返っての気づき(米国ビジネススクール留学、ポートランド滞在、百貨店めぐり)、これからABSで行いたいことなど様々な視点でお話しいただきます。

今回の青山クリエイティブサロンは、ABSのご協力のもと、ABS学生支援委員会2021年度活動プログラム「教員トークサロン」(ABS教員と学生の交流-教員の研究余滴/授業のこぼれ話的な談話会)を兼ねています。

日時:2021年7月24日(土)16:50-18:20
場所:Zoomによるオンライン配信
https://us02web.zoom.us/j/84086284638?pwd=M0orTlVJUVFTRFdyOEFCaEJ0VlB3UT09
ミーティングID: 840 8628 4638
パスコード: 952194

講演テーマ
「自己紹介から振り返る自分のキャリア – 西武百貨店の話、コンサルティングファームの話」

登壇者プロフィール
・宮副謙司(みやぞえけんし)氏
青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授
九州大学法学部卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA取得)、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了(経済学博士)。2009年4月より現職。「マーケティング(基礎)」「地域活性化のマーケティング/プランニング」「ファッション・リテイリング」「SDGsコミュニティマーケティング」などマーケティング関連科目を担当。特に企業の事例研究、地域のフィールドリサーチ(コミュニティ・エンゲージド・ラーニング:CEL)に力を入れている。
主な著書に『百貨店バラ色産業論』(1994年ビジネス社)以来、『ソリューション・セリング』(1999年東洋経済新報社)、『コア・テキスト流通論』(2010年新世社)、『地域活性化マーケティング』(2014年同友館)、『米国ポートランドの地域活性化戦略』(2017年同友館)、『企業経営と地域活性化』(2021年千倉書房)などがあり、ABS「演習(ゼミ)」修了生らの執筆による『ケースに学ぶ青山企業のマーケティング戦略』(2015年中央経済社)や『企業経営と地域活性化』(2021年千倉書房)など共同執筆も多い。
2021年7月より、青山学院大学のリエゾンセンター副所長(地域連携・企業連携担当)を兼任する。

| 青山クリエイティブサロン