1. HOME
  2. イベント
  3. 青山クリエイティブサロン
  4. 高崎商科大学×ABS修了生による群馬県の産学連携事例を通じてSDGs視点の地域活性化を考える

高崎商科大学×ABS修了生による群馬県の産学連携事例を通じてSDGs視点の地域活性化を考える

2020年度から始まった高崎商科大学×ABS修了生による群馬県の産学連携の取り組みを紹介しながら、SDGs視点の地域活性化を考えて行きます。

日時:2021年5月29日(土)16:50-18:20
場所:Zoomによるオンライン配信(以下のリンクをクリック)
https://us02web.zoom.us/j/85630656639?pwd=dHlEbCtZQTArMzJYaGNZTDRwY2tQUT09
ミーティングID: 856 3065 6639
パスコード: 650835

■テーマ:高崎商科大学×ABS修了生による群馬県の産学連携事例を通じて地域活性化の仕組みを考える

■内容:
パート1:2020年度事例紹介&トーク
下仁田パンフェス2020(大学生が下仁田の魅力を道の駅しもにたを訪れるお客様に”食”を通じて伝え、地場産品の消費拡大と持続的な社会を作るために開催)、Zoom大学院公開講座「群馬イノベーションアワードに向けたビジネスアイデア創出養成講座」などの取り組みを中心に紹介。

パート2:2021年度事例紹介&トーク
ニューノーマルな社会に生き抜いていくために必要となる「起業精神(アントレプレナーシップ)」を座学及びフィールドワークによって習得する「TUC起業塾」が新たにスタート。上期はビジネスアイデアを創造し「群馬イノベーションアワード」「たかしんビジネスプランコンテスト」へ応募、下期は学生全員で「合同会社(LLC)」設立・運営が目標。各種コンテストに出した各自のビジネスアイデアをブラッシュアップし、ビジネスモデルまで昇華させ、プロトタイプ(試作品)を作成して、来年度以降実装できるように準備する。

■登壇者:
・高崎商科大学商学部会計学科/大学院 教授 前田 拓生氏 [http://www.tuc.ac.jp/]
– 高崎商科大学地域連携センター長|早稲田大学 理工学研究所 招聘研究員|2030SDGsゲーム公認ファシリテーター
– 専門領域: ファイナンス論、資金運用論(ESG投融資)、意思決定論、地域政策デザイン(SDGs)等
– 主な著書:単著(2013)『成熟経済下における日本金融のあり方』大学教育出版、共著(2018)『災害に強い建築物 -レジリエンス力で評価する―』早稲田大学出版部
・富士通Japan株式会社 群馬支社長 上野 豊氏(ABS2010年修了)
・株式会社インスプレース 代表取締役 福田 徹氏(ABS2010年修了)
– AOYAMA OPEN INNOVATIION HUB事務局

下仁田パンフェス2020フライヤー

| 青山クリエイティブサロン